ロングテールで沢山のアクセスを集める見出しの使い方!【実例付き】

キーワードが見つかり、これなら記事が書けそう!と思ったときに、見出しはどうすればいいかな?

こう疑問に感じる時があると思います。

今回はロングテールで沢山のアクセスを集める見出しの使い方について実例を挙げて書いてみたいと思います。

「猫 クリーム色」のキーワードで見出しを作ってみました。

今回は「猫 クリーム色」というキーワードを使って解説したいと思います。

まずはグッドキーワードツールにアクセスして、検索窓に「猫 クリーム色」と入れて見ます。

すぐ下にあるこちらの赤枠をコピペします。

今度はキーワードプランナーにログインして月間検索ボリュームを調べてみます。

すると、このようなリサーチ結果になりました。

「猫 クリーム 色 性格」は100~1000

「猫 クリーム 色」も100~1000

「猫 クリーム 色 種類」は10~100

「猫 クリーム 色 珍しい」も10~100

となりました。

キーワードは基本的に3語で1位を狙います。

「猫 クリーム 色」でグッドキーワードツールで調べ、キーワードプランナーでこうした結果になりましたのが、記事を書く時には3語キーワードで1位を狙って記事を書いていきます。

なのでタイトルは「猫 クリーム 色 性格」を含んだものにしていきましょう。

「猫 クリーム 色 性格」を3語キーワードで記事を書く時の見出しの例!

タイトルを「猫 クリーム 色 性格」を含んだものにして、肝心の見出しですが、この場合には

「猫 クリーム 色 性格」

「猫 クリーム 色 種類」

「猫 クリーム 色 珍しい」

を使って記事を構成していきます。

複合的に見出しを考えて

この3つだけで記事を書ければいいですが、もう少し見出しを増やしたほうが、上位表示もできそうだし、年間を通して息の長いアクセスをもたらしてくれる記事にしたいときにはもう少しリサーチが必要です。

こうした場合にはGoogle・Yahoo・Bingで関連するキーワードが出てこないか調べてみます。

Googleの場合

Googleの場合には「猫 クリーム 色」と調べたときに検索結果の一番下にはこのように表示されました。

この中で関連するキーワードはないか検討していきます。

Yahooの場合

Yahooの場合は「猫 クリーム 色」と調べたときに「猫 クリーム 色 性格」「猫 クリーム 色 種類」と虫眼鏡キーワードが表示されています。

Bingの場合

Bingの場合の場合にはGoogleとYahooとは違う面白い結果が表示されています。

この中で関連するキーワードはないか検討していきますが「猫 生クリーム 食べる」みたいな見出しを選んでも独自の記事が作れそうな気がします。

そしてキーワードプランナーの表示をもう一度見て月間検索ボリュームが表示されていない「猫 クリーム 色 画像」「猫 クリーム 色 名前」も見出しに使ってもいいかもしれません。

キーワードプランナーで検索ボリュームが表示されていなくてもアクセスが結構来ることもありますし、このキーワードや見出しを使ってライバルが記事を書いていない可能性は高いですので「猫 クリーム 色 画像」「猫 クリーム 色 名前」も見出し候補にしておきましょう。

さいごに

今回は見出しの作り方をご紹介してきました。

ブログを運営してある程度記事数が貯まってくると、タイトルに選んだキーワード以外の見出しで使ったキーワードでもアクセスが来ることがあります。

こうしたアクセスは数は少ないですが、ライバルも弱いので長くアクセスを集めてくれます。

こうした現象をロングテール戦略としてブログを作ると、じわじわとアクセスが集まるブログになります。

また、キーワードの例として紹介した「猫 クリーム 色 性格」はGoogleの検索結果を見てみると、このキーワードを使ってタイトルをつけて記事を書いている人はいませんでした。

また「猫 クリーム色」の2語キーワードでは5位に知恵袋サイトがありますので、もしかしたらこの「猫 クリーム色」の2語キーワードでも上位表示ができるかもしれません。

興味のある方は一度チャレンジしてみてくださいね。