特化ブログのブログタイトル設定は2語キーワードの月間検索ボリュームはいくつあればいい?目安は?

これから特化ブログを作ろう!と考えたとき一番気になるのが、Googleキーワードプランナーの月間検索ボリュームではないでしょうか?

これまで沢山のブログを作ってきた結果から導き出された特化ブログを作る際のブログタイトルに使う目安の検索ボリュームをお伝えしていきたいと思います。

特化ブログの2語キーワードを決めるための必要なキーワードプランナーの月間検索ボリュームは?

特化ブログ構築でタイトルを2語キーワードを決めるときの必要なキーワードプランナーの月間検索ボリュームは1000~1万で行っています。

僕がおすすめしている下剋上∞ではメインキーワードで月間5万PVとされていますが、この開きはどうしてなんでしょうか?

違い一つ目

違いの一つ目として、下剋上∞では短期的に沢山のアクセスを集めることを前提にして解説されています。

反対に僕は長期的にアクセスが集まるブログにする前提での考えなのと、アクセス数は1日に1000~3000pvで十分だと考えているからなんです。

特化ブログの練習段階ではトレンド性の強いキーワードでブログを構築してアクセスを集めるコツをつかむスキルはあなたの大切な資産になります。

強いライバルもいない可能性も高いのでガツンとアクセスが来ることもありますからね。

しかし、長期的に稼ぐブログを作りたい!と考え、ライバルとの比較等を考えるとおびただしい経験の中から目安は1000~1万となってきたんです。

特化ブログ構築前にもう一つ見ていきたい目安は?

特化ブログの2語キーワードの月間検索ボリュームもわかったところで、もう一つ見ておきたいポイントがあります。

それは月間2語で1000~1万。

このキーワードで検索して1ページの検索結果に知恵袋サイトがあると【かなり美味しい!】です。

こうしたキーワードを見つけることができ、ブログタイトルにこのキーワード含めてブログを作っていくと驚くほどアクセス集まるサイトが出来上がることがあります。

以前、運よく1万~10万の2語で知恵袋サイトが上位表示されているキーワードを見つけたことがありました。

その時は、とりあえず10記事を投稿してみて、1日に100くらい集まるようになってきたのでさらに10記事を投稿。

様子を見ていると2語で5位まで上がってきました。

1~3位は企業の公式ホームページだったのでそれ以上は無理でしたが、この5位という結果は健闘したのではないかな?と思います。

また、このクエリ(アクセス数)は1日に1万PVあることが、サーチコンソールでわかりました。

今は、アップデートで飛ばされちゃいましたけどね・・・

たまたまの偶然ですがこうして導き出した数字は1000~1万でOK!

ということになりました。

このくらいのボリュームがあれば他に検索されているキーワードは沢山ある可能性が高いですからね。

是非、美味しい特化ブログを作る目安にしてくださいね。

さいごに

こうした目安を見つけることができたのも、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦にのっとってのものです。

目安が見つかっても「この作業をして意味があるのか?無駄になるんじゃ?」こう考えてしまい手が止まることもあるでしょう。

しかし、無駄に思える作業はネットビジネスにおいては何もないと思っています。

今回お話した目安を取り入れたら必ず稼げるというものでもありません。

それは、参入していくテーマのライバルや記事の質なども関係するからです。

しかし、考え方を試してリサーチしてみる。というのは確実に一歩前進しているはずです。

そうした中で、こんなキーワードもあるんだ?こんなキーワードってこんなに需要があるんだ?なんて自分では考え付かない何かに出会うと思います。

その出会いをどう生かし、どう自分の反映させていくのか?というのがスキルの向上につながります。

今は無駄。でも将来は価値ある経験になる。これがネットビジネスのいいところじゃないでしょうか?

手を止めずに何か一つでも作業していきましょう!

今回の話は難しくはなかったですか?

遠慮をすることはありません。

「もっと突っ込んで聞いてみたい」

「このことはどうなんだろう?」

なんて疑問がある方はお気軽にご質問ください。

⇒ちょっともりてんに聞いてみる。

48時間以内にはご返信いたします。

無料レポートプレゼント中!
記事を読んでいただきありがとうございます。
記事には書けない情報を無料のメールマガジンで配信しています。また、ライフワークが見つからない3つの落とし穴!というプレゼントもご用意しています。
よろしければ受け取ってくださいね。

▼▼▼
メルマガ登録はこちら!
▲▲▲

応援よろしくお願いします!