趣味ブログの作り方【Amazon・キーワードプランナー等でのリサーチ編】

趣味でブログを作ってマネタイズができたらいいな~?

と感じている方も多いと思います。

しかし、具体的にどんなやり方で始めていけばいいのか?分からない場合もあると思うんですよね。

趣味ブログはリサーチがすべてといってもいいくらい、リサーチが必須です。

まずは、リサーチをどうすればいいのか、書いてみたいと思います。

*今回は非アドセンスブログなのでご興味のない方は読まれなくていいと思いますよ。

趣味ブログの作り方・リサーチ編

リサーチですがAmazonを使って行っていきます。

Amazonと検索してトップページに行き、検索窓のすぐ左下にある「カテゴリー」から「本」を選択しましょう。

僕の場合には昔にギターを弾いていたので「ギター」で検索してみました。

ページを下までスクロールしていくといくつまでページがあるのか表示され「ギター」の場合には75ページまであることが分かりました。

ギターは沢山のニーズがあることがこれだけで十分にわかりますね。

このとき、ササっとで構いませんので、販売されている本のタイトルは75ページまですべてを見ておくといいでしょう。

同じように、あなたの趣味をAmazonでリサーチしてどのくらいその趣味で「本」が販売されているのか見ていってくださいね。

趣味ブログのリサーチ編・無料ツール(グッドキーワード・キーワードプランナー)

Amazonで十分な量の「本」が販売されていることが分かれば、次のリサーチです。

goodkeyword

キーワードプランナー

グッドキーワードでは「ギター」と打ち込んで関連キーワードを取得していきます。

大量の関連キーワードが表示されました。

右下にある棒グラフも一旦は下がっているものの、ある程度安定して検索されているキーワードということが分かりました。

このツールで取得したキーワードをGoogleの無料ツール「キーワードプランナー」にかけて月間検索ボリュームをリサーチしてみましょう。

ここで一つ面白い現象があります。

「ギター」という単一のメインキーワードよりも「ギターコード」というワードのほうが検索ボリュームが多い表示になっています。

これは「ギターのコードを押える方法を知りたい」と考えている人が「ギター」と検索する人よりどれだけ多いか?という事を表しています。

「コードを押える」は深いニーズを持っている証拠ですね。

2語キーワードよりも3語キーワードのほうが検索需要が多いこともある。という事も覚えておきたいですね。

そして肝心の月間検索ボリュームですが「1万~10万」と十分に需要のある市場であることが分かりました。

ここまでで、どんな趣味で参入すればいいのか?今回の「ギター」という市場はある程度リサーチが終了です。

さいごに

どんな趣味でもどのくらいの市場規模で、需要はどれくらいあるのかはしっかりとリサーチしておきましょう。

また、需要はあるけどマネタイズするものがない!という場合には、最悪Amazonの書籍を販売するパターンもありますので、販売されている本はタイトルだけでもササっと目を通しておきましょう。

もし余力があれば、Amazon検索で「レビュー数の多い順」に並び替えて、対象の本をクリックして「よく一緒に購入されている商品」も見ておくといいですね。

無料レポートプレゼント中!
記事を読んでいただきありがとうございます。
記事には書けない情報を無料のメールマガジンで配信しています。また、ライフワークが見つからない3つの落とし穴!というプレゼントもご用意しています。
よろしければ受け取ってくださいね。

▼▼▼
メルマガ登録はこちら!
▲▲▲

応援よろしくお願いします!