【報酬10倍アップ】ASP×アドセンスで収益を上げるアドセンス広告の貼り方!

アドセンスである程度アクセスが集まってきたら、報酬をもっと増やせないかな?と考えると思います。

この時にキーワードや記事にマッチしたASP案件のリンクを置けば報酬増するのでは?と思いますよね。

しかし、アドセンス広告はどうすればいいのか。という事も不安になると思います。

こうした アドセンス×ASPの案件 でマネタイズするときのアドセンス広告をタグで管理する方法を紹介したいと思います。

アドセンス広告をプラグインのAdSense Plugin WP QUADSでタグ管理する方法!

プタグイン AdSense Plugin WP QUADS をインストール

まずはAdSense Plugin WP QUADSをインストールします。

その後「今すぐインストール」をクリックします。

その後「有効化」をクリックします。

これでプラグインのAdSense Plugin WP QUADSインストールは終了です。

AdSense Plugin WP QUADSにアドセンスコードを設定

AdSense Plugin WP QUADSにアドセンスコードを設定するにはワードプレスのダッシュボード画面の左にある WP QUADS にカーソルを合わせ Ad settings をクリックします。

赤枠の「ADS」をクリック。

すると下の画面になりますので

①は Plain Text にチェック

②<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999; font-size: 12pt;”>
スポンサーリンク</span></p>

と入力。

③は LayoutLayout は中央にチェック します。

アドセンス広告の取得

次にアドセンス広告の取得を解説していきます。

アドセンスにログインして「広告」をクリックします。

「広告ユニット」と進み、今回は「ディスプレイ広告」を選択します。

左上にある広告ユニットの名前を入力に自分でわかりやすい名前をつけていきます。

今回は もりてん と僕のハンドルネームを入れて見ました。

例 ブログ名+番号 などが分かりやすいです。

ワードプレスでプラグインの設定に戻りコードを設定

他は特にいじることもなく、コピーしてきたアドセンスコードを、ブログに戻り、先ほどペーストしておいた

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999; font-size: 12pt;”>スポンサーリンク</span></p>

の下に取得したアドセンスコード貼り付けます。

赤枠の ‟auto” を ‟rectangle” に変更しておきましょう。

最後に左下にある「変更を保存」をクリックしてすべて終了です。

新規記事を投稿するときに「テキスト」モードにするとこのように設定したタグが表示されます。

アドセンス広告の取得での注意点は

▲一番初めの記事内の見出しの上

▲記事の真ん中くらいの見出しの上

▲記事下

にタグを挿入していきますが(もっと貼りたい方はご自身で増やしてください)それぞれ別の名前にして一回づつアドセンスでコードを取得してください。

・もりてん 見出し上

・もりてん 記事中

・もりてん 記事下

のような名前を付けてアドセンスコードを取得します。

こうしてAdSense Plugin WP QUADSの「ADS」の設定画面で

「AD1」には もりてん 見出し上を

「AD2」には もりてん 記事中

「AD3」には もりてん 記事下

とそれぞれ設定しておきましょう。

そして記事を書いていった後に、テキストモードに変更して、このようにタグを挿入していきます。

一番初めの見出しの前

記事の真ん中

記事の一番下

ここまでが AdSense Plugin WP QUADS を使ってアドセンスタグを挿入する方法でした。

面倒でも、こうしてタグ挿入する理由は以下で詳しく説明していきますが、ASPの案件を扱うならお使いのテンプレートやブログのテーマにデフォルトで設定するのではなくこのやり方が良いでしょう。

ここからはASPの案件を扱う場合にどうするかを解説したいと思います。

アドセンスブログでASPの案件を扱う場合!

アドセンスブログで高単価を狙いASPの案件を扱う場合には、先ほど設定したタグを挿入しないようにしましょう。

これはアドセンスの規約違反やペナルティに触れる可能性 もありますが、あなたはASPの案件を訪問者さんにクリックしてほしい。と思っているはずです。

しかし、途中にアドセンス広告があれば、アドセンス広告目が良き広告をクリックしてブログから離脱してしまう可能性が高いからです。

こうしたことが、お使いのブログテーマやテンプレートにデフォルトでアドセンス広告を設定しない。という理由です。

そして記事構成の考え方としては

■入口 はキーワードやタイトル

■通路 は記事コンテンツ

■出口 はASPの案件

としてまずはASPのリンクをクリックしてもらうことを考えていきましょう。

カラムを記事ごとに設定に出来るテンプレートでしたら1カラムにしてサイドバーや記事下の関連情報をなるべく表示しないようにもしておきましょう。

さいごに

報酬単価の高いASPの案件を今すぐ、将来的に扱いたいとお考えであれば、タグで設定するやり方がおすすめです。

近いうちにアドセンスも自動広告だけになるかもしれませんが、現状はこうしてペナルティや訪問者さんの目線をずらさないように記事を構成することが必須です。

また、一度ASPのリンクを置いてみて、クリックされないようでしたら、クリック上のマイクロコピー(誘導文)を見直したり、訪問者さんがクリックすべき理由と行動しやすさを表現していきましょう。